1. TOP
  2. 売上・利益を増やしたい
  3. 広告の反応率を上げる3つの秘策

広告の反応率を上げる3つの秘策

売上・利益を増やしたい 客数増加 新規客増加 能重知可士
この記事は約 6 分で読めます。 621 Views

こんにちは

購買心理アドバイザーの能重です。

 

あなたのお店では宣伝広告費を

毎月どのくらい掛けていますか?

 

1万、5万、10万?

まさか掛けてないって事はないですよね?

 

でも実際広告費を掛けても

掛けた分お客様が来ないから・・・

なんて相談をよく受けたりしますが

もちろんお金を掛ければ何でもいい

というわけではありません。

 

逆に多額のお金を掛けなくても

それなりに反応を上げる事は可能です。

 

今日はそんな

同じお金を使っても反応率がグングン上がる方法

のお話をしたいと思います。

 

そもそもの話なんですが

なぜ宣伝をしなければいけないのでしょうか?

「ウチのお店はもうこの土地で20年もやってるから

 誰もが知ってるから宣伝なんて必要ない」

と言われる方がいます。

もうこんな人は経営者としては「下の下」ですね。

人に迷惑が掛かるから店閉めた方が良いよ

とアドバイスをしてあげたくなります。

 

そういった方に限って

「では、あなたのお店より古いお店は

 あなたのお店の周りに何軒ありますか?」

「あなたのお店よりも新しいお店は何軒ありますか?」

と聞いても「知らない、わからない」と答えます。

 

そう、あなたが他のお店を知らないように

他の人もあなたのお店なんて知りやしません。

 

この場合の「お店を知っている、知らない」の基準は

「そこに〇〇屋がある」というレベルではなく

「そのお店の売りは〇〇で行くとしたらどのくらいの予算が必要」

位までわかっていないと「知っている」とは言えません。

 

となると、ほとんどの経営者さんが

自分の周りのお店なんて知らないんです。

 

あ、別に周りのお店の事を知ってなきゃいけないわけではありません。

 

自分は周りの事を知らないけど

周りは自分のお店の事を知っているだろう

という勘違いをしていなければ問題ないのです。

 

そして、

「知られていないから知られるために

 宣伝活動をしよう」

と考えなければ、今後の経営は

お先真っ暗間違いなしです。

 

それは、どんなに今お店が繁盛していようとも

していかなければいけない活動なんです。

 

テレビを付ければCMが流れていますが

コカ・コーラやイオン、マクドナルドなどは

しょっちゅうCMを流していますよね。

 

大人から子供まで誰もが知っている

コカ・コーラやイオンがCMをしているのに

全く認知されていないあなたのお店が

宣伝をしないでやっていけるわけがありません。

 

ですが、ただやみくもに広告を打っても

せっかく稼いだ売り上げを

ドブに捨てるも同然なので

しっかり反応が取れるように

工夫をしていかなければいけません。

 

では、その工夫とはどんな方法があるのでしょうか?

 

秘策その1 目立たせる

チラシという物は

基本的にあなたのお店の物1枚で

配られる事はほとんどありません。

 

新聞折り込みに入れれば

他の業種などと一緒くたにされて

まとめて新聞に挟まれて配布されますし

ポスティング業者に依頼しても

何枚かのチラシを束にして

郵便受けに投函していきます。

そうなると、あなたのお店のライバル

同業者ではなく、同じ日にチラシを入れている

他業種になるわけです。

 

そのチラシの束の中から

「ん、これなんだろう?」と

手に取ってもらえなければ

そのままごみ箱に直行です。

そのままごみ箱に直行されては

どんなに文章をがんばって考えても

選りすぐりの画像を添付しても

何にも意味はありません。

 

なのでその束の中から

見つけてもらえるように

他のチラシよりも

ひと際目立たなければいけません。

 

目立って見つけてもらえれば

見てもらえる確立が高くなります。

 

その目立たせる方法として

色やサイズ、文字など様々な方法で

他社よりも目立たせる事が出来ると思います。

 

他社がどんなチラシを出しているか

その中に埋もれない為には

どんな策を講じていけばいいかを

よく考えてみましょう。

 

秘訣その2 字はなるべく大きく

字はなるべく大きく書かなければいけません。

宣伝をしようとなると

自分のお店のいい所を

精いっぱい知ってもらおうと

ついつい沢山文章を詰め込みたくなりますが

紙のサイズは決まっているので

文字数が増えれば増えるほど

1文字のサイズは小さくなっていきます。

字が小さくて読みにくければ

せっかく良い文章が書いてあったとしても

読むのが面倒になりごみ箱へポイ

という結果になります。

 

短く伝わりやすい言葉を選んで

なるべく端的に大きな字で伝えていきましょう。

 

秘訣その3 イメージしやすい画像をなるべく多く

画像は文字の4000倍の情報伝達能力を持つ

と言われています。

 

なのでずらずらと文章を書き綴るよりも

魅力的な画像が1枚あった方が

よりあなたが伝えたい事は伝わります。

 

例えば「キレイな海」と言われたら

どんな事を想像しますか?

きっとあなたと別の人が思い浮かべる

「キレイな海」は同じではありませんよね?

 

広告は読み手それぞれが

別々の捉え方をしてしまってはいけない物なので

そういった部分は画像の力をつかうのも

いいでしょう。

 

「キレイな海」というよりも

このような写真を1枚見せれば

何も言わなくても十分伝わりますし

読み手全員に同じような事を

想像させる事が出来るわけです。

 

他にも「松坂牛」と書くよりも

こういった写真の方が

圧倒的に美味しそうですし

「ツヤツヤな髪」と書いてあるよりも

こういった写真がある方が

キレイになれそうだなと想像しやすいです。

 

お客様に伝えたい事を

物語った画像を上手く使っていく事で

あなたのお店の魅力が伝わりやすくなりますよね。

 

まとめ

1.他社のチラシよりも目立って

2.大きい字で読みやすく

3.画像でイメージを伝える

 

この3つを抑えておけば

販促にお金を掛けたとしても

損をする事無く

あなたのお店をお客様でいっぱいにする事が

出来る様になります。

 

是非試してみてください。

 

\ SNSでシェアしよう! /

居酒屋・飲食店の年商1億円集客繁盛術の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

居酒屋・飲食店の年商1億円集客繁盛術の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

能重 知加士

能重 知加士

始めまして、東京都の西の隅っこで髪質改善・髪質再生美容室Life goes onを経営している能重と申します。

千葉県の南の端っこ、館山市出身で実家がオーシャンビューと言う海の町で育ちました。

ですが海はさほど好きではなく、入りたいとは微塵も思いませんが(笑)

音楽と運動が大好きで週に2~3回ジムに通い、イヤホンから大音量で好きな音楽を聴きながら汗を流しています。

車の中でも常に好きな曲に包まれながら運転、自宅の掃除をしながらもイヤホンから大音量、常に耳から音楽以外の音が入ってこない環境が一番心を無に出来てストレス解消になります。

そしてたまにタイミングが合えば好きなバンドのライブへ行き、また大音量で音楽を聴きスッキリして帰ってきます。

オンオフが激しい性格なので、何かちょっと興味を持ち始めると一気にのめり込み、気が済むと何事もなかったように触らなくなったりもします。

そのせいで家には趣味とも呼べないような様々なもう触りもしなくなった道具達がゴチャゴチャしています。

いずれ片付けねば・・・と思いながらかれこれ数年(笑)

そんな学生時代から何もまともに続けてこられなかった私ですが、人生で唯一続けてきた、今も尚続けている物が「美容師」です。

お客様によって求めている物や悩んでいる事が様々で、新しい薬剤はどんどん出てきて、更に目まぐるしく変わっていく流行。

1つの事に集中してある程度マスターできたと思ったら、また違う分野の新しい物が出てきて、じゃあそれもマスターしなきゃ・・・
と続けていたら、気付けば20年という月日が経っていました。

もし学生時代の職業を選択する時に、ある程度仕事を覚えたら同じ事をずっと続けるような仕事を選択していたら今頃職を転々としていたでしょう(笑)

そういう意味では熱しやすく冷めやすい飽き性の私にとって、どんどん新しい物が出てくる美容の仕事は今思えば天職だったのかな、と思っています。

そして同業者が集まる会に顔を出していると、どこに行っても「不景気だから」「スタッフが」「お客さんが」そんな話ばかりが耳に入ってきています。私も一時期はそんな事もあったので、そういった方たちの気持ちはとても理解できるものでした。

では皆がもっと良くなる為には、売り上げが上がる為には、客数が上がる為には、利益が増える為には何ができるのか?
そう考えたら、自分がその状況から脱した時の状況を人に教えてあげればいいのではないか?という答えにたどり着いたのです。

そして今、美容室を経営しながらコンサルタントとして数多くのお店を、経営者を、スタッフを救ってきました。

コンサルタントという仕事も、職種も違えば立地も違う、状況も違うので常に新鮮な気持ちで仕事に取り組めるので、もう一つの天職だと思っています。

あなたのお店ももし集客や利益、スタッフ育成などの面で困っている事があればぜひ一度お気軽にご相談ください。

もしかしたら何か力になれる事があるかもしれません。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 一点突破?人海戦術?

  • もうこれ以上求人で困らない3つの裏技

  • 広告の反応率を上げる3つの秘策

  • 今すぐどの店でも出来る、客単価をあげるたった1つの方法

関連記事

  • LINE@友達集め3つのポイント

  • LINE@これは使える!と思う機能 トップ5

  • 多くの飲食店が勘違いしてる集客の落とし穴

  • バカ売れ看板メニュー作成 5つのポイント

  • 皆さんの嫌な「アノ」時期がやってきます。

  • スタッフが自発的に動くたった1つの経営者術