LINE@集客術

LINE@で相手の心を掴むトーク術

配信1つで売上が変わる

LINE@でどれだけ友達を集めても配信する

トーク内容のせいで全く効果が表れない・・・

なんて事があります

 

そうならないためにも効果を最大限に

発揮できるように気をつけるポイントと

来店に繋がる配信内容をご紹介致します

 

お客さんへの届き方を確認する

LINEで気をつける点はメールなどと違って

改行までの文字数が短いということです

 

メルマガでの配信に慣れた人ほどLINE@での

配信内容が不慣れになりがちです

 

メルマガとは違った表示の仕方をするLINE@

の実際の配信ページの注意点を考えてみましょう

 

見出しのメッセージは32文字

お客さんに実際に配信されるLINEのトップページ

で見える文字数は32文字です

 

そのため前置きが長すぎたりすると

肝心の内容がトップページで伝わらなく

なってしまいます

 

そこで、伝えたいことは文章の最初に

「キャッチコピー」のようにして

伝えてしまいましょう

 

つまり本文に行く前に伝えたいことを

直感的に伝えます

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【新作春メニューのご案内】

【お得な宴会クーポンプレゼント】

【オープン5周年記念パーティーのご招待】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

など続きを読みたくなるキャッチコピーで

お客さんの期待値を上げていきましょう

 

長文は逆効果

長すぎる文章はLINEでは読みにくく

最後まで読んでもらえなかったり

ブロック率を上げる恐れがあります

 

LINEはあくまでお友達に送るメールのように

短く簡潔に送った方がいいです

 

もう1つ長文で送ると、テキストだけで画面が

一杯になってしまい、せっかく送った画像などが

見ないまま気付かれない可能性があります

 

どれぐらいの長さで届くのかを実際の画面で

必ず確認をしましょう

 

メッセージで送れる3つは順番を考えよう

1度のメッセージで送れる数は3つです

 

画像・クーポン・テキストなどなど組み合わせて

最大3つまで1度の送信で送れます

 

この3つの順番は非常に重要です

 

特に「テキスト」→「リッチメッセージ」

の順番で送るとリッチメッセージは画面いっぱい

に画像が送れるだけに、テキストの部分が画面から

はみ出してしまいます

 

こちらもどの順番で送るのが一番効果的か?

実際に送られる画面を考えて送りましょう

 

改行・段落・絵文字を使う

LINEは友達に送る感覚が大切です

改行をしたり絵文字を部分的に入れて

視覚的に読みやすいものを送りましょう

 

テスト配信で必ず確認を

メッセージを送る前に左上にある下書きを

することが大事です

 

下書き後に【テスト配信】が出来るように

なるので、実際にお客さんが届くものが

事前に確認できます

 

おかしなトークが届かないように必ず

1度自分自身にトークを送りましょう

 

PRページ・リッチページの活用

普通にテキストとクーポンだけを送信しても

十分に反応をとることは出来ます

 

しかしより大きな効果を得たい人は

【PRページ】と【リッチメッセージ】

の2つを活用したほうがいいです

 

どのように活用するのか考えていきましょう

 

PRページはスッキリとしたメッセージになる

【PRページ】は小さな掲示板のようなものが

作れると思ってもらえればいいです

 

お客さん側のトークルームには表題のみが記載

されており、タップすることで中身が見れます

 

そのため先ほどの章で開設した画面の見落としが

各段に減ります

 

PRページで作れるのは

・電話先

・WEBのURL

・メールアドレス

・写真

・動画

・説明文・解説・使用方法

等です

 

これだけの情報がトークルームには

小さなメッセージとしてしか出ないので

かなりスッキリとしたメッセージが送れます

 

リッチメッセージ→クーポン→PRページ

の順番で送るのが最も見やすいメッセージが

送れたうえで反応率が高いでしょう

 

さらに大きなポイントはPRページは

タグ付けすることで以前に送ったものも

遡って確認出来ることです

 

メッセージは基本的にお客さんが登録前の

ものは見れません

 

そのため以前にどんな内容のメッセージを配信

していたかは後から入ったお客さんは分かりません

 

そこでPRページのタグ付けで以前にやっていた

情報も送って、自分のお店のイベントなどを

知ってもらう機会を作りましょう

 

視覚効果抜群のリッチメッセージ

リッチメッセージは大きな写真を送れる有料プラン

の方のみのサービスです

 

有料だけあって効果はかなり大きいです

 

小さな写真では伝わりきらないものでも

大きく表示することで効果を最大限に

高めていきます

 

さらに写真をタップすることでクーポンページに

飛ばしたり、任意のURLに飛ばすことも可能です

 

飲食店であれば「美味しそう!食べたい!」

と思わせる写真を送るだけでも反応は高まり

ます

 

有効に使うためにもPRページと組み合わせてみてください

 

開封率を上げるクーポンの作り方

誰しもクーポンをもらえるのは嬉しいことです

 

しかしせっかくのクーポンも伝え方ひとつで

お客さんに全く響かないものになるかも

しれません

 

ここではよりお客さんが喜ぶクーポンの

作り方を考えていきましょう!

 

クーポンの内容は魅力的に伝える

クーポンをただ送っても、そのクーポンに

【価値】を感じなければ、お客さんは来ません

 

例えば

「赤ワイン1杯プレゼント」

とあるのか

「当店のお肉にぴったりのソムリエ厳選の

グラスワインを1杯プレゼント致します」

では受け取る側の印象が全く違いますよね

 

せっかくのプレゼントやサービスは

より魅力的にすることが大事です

 

「どうせ無料だから・・・」なんて感じ

させてはいけません

 

価値を感じる魅力的なタイトルをつけて

クーポンを送りましょう

 

抽選ページ+クーポンで特別感を与える

クーポンをただ受け取るだけでは、なかなかそこに

「わくわく感」を演出するのは難しいですよね

 

そこでほぼ当たる「抽選券」との組み合わせで

「わくわく感」を演出するのです

 

「全員にプレゼント」より、「当たった人だけ

にプレゼント」のほうがより「もらった感」を

演出が出来ます

 

あとクーポンページより抽選ページの方が

開封率自体が高いです

 

ただし気を付けてほしいのは毎回やると気づく

お客さんが出てくるのと、横の繋がりが多い

学生さんなどをターゲットにすると直ぐに

気づかれてしまいます

 

全員に当たってるのが気づかれると喜びも

半減するので気を付けましょう

 

まとめ

メッセージはただ送ってるだけでは反応率が

下がってしまいます

 

内容や送った後の見え方などを意識して

より効果の高いメッセージを送りましょう!

 

より深くLINE@を学びたいならこちら↓

まもなく募集期限切れになります

http://haward-joyman.com/zhc/zoueki-kouza.html

ABOUT ME
ハワード ジョイマン
・有限会社繁盛店研究所 代表取締役 ・株式会社繁盛店研究出版 代表取締役 ・繁盛店グループ総代表・コピーライター ・中小企業診断士(経済産業省 登録番号402345) 1975年 静岡県清水市生まれ(現在:静岡市清水区) 自営業の家に生まれ、親戚一同も会社経営をしていることから、小さい頃より受付台にたち、商売を学ぶ。 大学入学と同時にお笑い芸人としての活動を経験。活動中は、九州松早グループの運営するファミリーマートのCMに出演。急性膵炎による父の急死により大学卒業後、清水市役所に奉職。 市役所在職中に中小企業診断士の取得を始める。昼間は市役所で働き、夜は診断士の受験勉強。そして、週末は現場経験を積むため無給でイタリアンレストランでの現場修行を経験。6年間の試験勉強を経て、中小企業診断士資格を取得。 取得を契機に7年目で市役所退職。退職後、有限会社繁盛店研究所(旧:有限会社マーケット・クリエーション)を設立。 コンサルタントとして独立後、全く仕事がなく、日々思い悩む日々を送る。食欲もなくなり病気の心配から医者の診察を受けると、「体に問題はありませんが、商売はうまくいっていますか?」と医者に商売の心配をされ、帰り道に号泣。更に、独立以前に毎月ためていた全財産が底をつく。 こうした経験から、店舗経営者でも同じように資金繰りや集客で悩んでいる方も多いことに気付く。こうした方達のサポートを通じて、業績の改善、魅力ある店舗作りのサポートにまい進することを誓う。 お笑い芸人として活動していた経験から、小売店や飲食店、美容室、整体院の客数増加や店内販売活動に、お笑い芸人の思考法や行動スタイル、漫才の手法などを取り入れることで、クライアントの業績が着実に向上していく。 こうした実績を積み上がるに従い、信奉者が増える。 独自の繁盛店メソッド「笑人の繁盛術」の考え方で、コンサルティングを行う。 発行するメールマガジンは、専門用語を使わない分かりやすい内容から、メルマガ読者からの業績アップ報告が多く、読者総数は1万人を超える 会員制コンサルティングサポート「増益繁盛クラブ」を運営。人気テレビ番組ガイアの夜明けにも取り上げられるなど注目を浴びる。これまで北は北海道から南は沖縄、そして、アメリカからも参加する方がいるなど、多くの方が実践を続けている。 コンサルタントが購読する「企業診断」(同友館)からもコンサルタントに向けた連載を依頼されるなど、コンサルタントのコンサルタントとしても活躍中。 どんなに仕事が忙しくとも毎月1回の先祖のお墓参りを大事にしている。家族を愛するマーケッター。