LINE@集客術

LINE@友達集め3つのポイント

なぜ友達を増やすのか?

お店を経営する上で大事なのは何度も

通ってくれる常連さんですよね

 

常連さんが多い店はそれだけで売上は

右肩上がりになります

 

しかし多くの店は常連さんが少なかったり

いつ常連さんが来るかコントロール出来ない

ですよね

 

だから忙しい日と暇な日の差が大きく

平均すると目標売上に達していない・・・

なんてことが起きてしまいます

 

そこで【待ちの経営】から【攻めの経営】

変えるのが【LINE@】なのです

 

予約が少ない日に・・・

雨の日に・・・

宴会のドタキャンに・・・

など今まで売上を諦めていた日でも

効果を発揮します

 

しかしそんなLINE@でも【友達】の

数が少ないのでは十分な効果は期待

できません

 

というのも販促には「反応率」という

ものがあります

 

例えばチラシを撒いたら1%の人が

来店するとしたら、1万枚撒けば

100組来店するという予測が

出来ます

 

この反応率は業態やオファーよって

変わりますが、友達が多いほど来店に

繋がる可能性が上がるわけです

 

なので、まずは友達を増やすことから

考えていきましょう!

友達は選ぼう

友達を増やそう!と言っても誰でも

いいから増やせばいいってわけ

ではありません

 

というのは、登録しても1度しか来ない

で直ぐにブロックをされてしまったら

意味がないからです

 

例えば観光で来てるお客さんばかり

友達にしても年に1回来るか来ないか

分からない人にメッセージを送った

ところで意味がないですよね

 

また登録時のプレゼントや割引が

欲しいだけの人を友達にしても

意味がないです

 

あくまでLINE@の友達は

【再来店】

を目的としています

 

そのためには、まず友達を増やすにも

こちら側が来て欲しいお客さんに友達に

なってもらえるようにしましょう

 

友達にはプレゼントをしよう!

友達になってもらうには、ただ単に

「友達になって下さい」

と促すだけでも登録してくれる人は

一定数います

 

しかし多くのお客さんは登録した時に

見返りを求めますよね

 

あなた自身お店の方にただ単に

「登録して下さいね」

と言われても、なかなか登録する気には

ならないですよね

 

そこで登録してくれた友達には

【プレゼント】をあげるのが一番です

 

お店によってプレゼントの種類は

当然違います

 

ただ注意点としては当たり前ですが

お客さんが喜ぶものがいいです

 

ここで2つポイントがあります

 

1つ目のポイントはプレゼントの金額は

単価の10~20%程度のものがいいです

 

例えばラーメン屋さんで言えば

単価は1000円程度ですよね

 

なので煮玉子など100円ぐらいのものでも

十分に効果が出ます

 

しかし単価5000円ぐらいの居酒屋では

100円の物をもらっても、あまり喜ばない

ですよね

 

そのため500~1000円程度のものが

好ましいです

 

例えば生ビール無料や刺身盛り合わせ半額

などお店に合わせてプレゼントを考えると

いいでしょう

 

2つ目のポイントはプレゼントを

【複数】作ることです

 

というのは上記に書いた「煮玉子」

ですが、玉子が食べれなかったら

その時点で登録はしなくなります

 

生ビールなども一緒です

飲まない人は登録をしなくなります

 

そのためいくつかのプレゼントを

あらかじめ用意することで誰でも

何かしらのプレゼントを受け取ることが

出来るようになります

 

数は3つ以上あれば大丈夫でしょう

 

1種類で皆が喜ぶプレゼントを考える

のは難しいですが、このように複数用意

することで誰もが喜ぶプレゼントを用意

することが出来るでしょう

 

特別なプレゼントは効果絶大!

それでも中々友達が増えない・・・なんて

お店には特別なプレゼントを用意する事を

お勧めします

 

特別なプレゼントとは単価の50%ほどの

プレゼントです

 

例えばラーメン屋さんならラーメン半額や

チャーシュー無料などで、居酒屋であれば

ボトル無料や飲食代半額などです

 

「いやいやそんなことしたら潰れちゃうよ」

と思いますよね

 

当然全員にそんなプレゼントをしたら

お店が潰れちゃいます

 

ここでLINE@の機能の1つ【抽選】

を使うのです

 

この抽選機能はかなり使えます

 

確率も操作出来る上に、当選数も操作

出来ます

 

確率は1~99%の確率に操作できます

 

また当選数も1~無制限に出来ます

 

この特別なプレゼントを上手く使えば

なかなか友達になってくれない「宴会」

でも取ることが出来ます

 

宴会は飲み物も食べ物も決まっているので

なかなかLINEの友達登録を促すのは難しいです

 

しかし上手く抽選を使えば登録率を

上げることが出来ます

 

例えば

「次回来店時に使える3000円金券」

「宴会金額500円キャッシュバック」

「次回来店時にボトル1本プレゼント」

などなどもらったら嬉しいプレゼントを

抽選にしてしまえばいいのです

 

このように、友達登録が少ないお店は

特別なプレゼントを用意してあげる

ことでお客さんの期待値を上げて

みましょう

 

まとめ

LINE@は友達数が増えれば増えるほど

効果を発揮していきます

 

今現在これ以上商売に適した

ツールは見当たりません

 

1日でも早く始めたお店ほど、大きな

恩恵を受けることが出来ます

 

地域一番店を目指すのであれば

1日でも早く、周りより1人でも

多くの友達を集めましょう

 

LINE@の基礎を学びたいならこちら↓

まもなく募集を締め切ります

http://haward-joyman.com/zhc/zoueki-kouza.html

 

ABOUT ME
ハワード ジョイマン
・有限会社繁盛店研究所 代表取締役 ・株式会社繁盛店研究出版 代表取締役 ・繁盛店グループ総代表・コピーライター ・中小企業診断士(経済産業省 登録番号402345) 1975年 静岡県清水市生まれ(現在:静岡市清水区) 自営業の家に生まれ、親戚一同も会社経営をしていることから、小さい頃より受付台にたち、商売を学ぶ。 大学入学と同時にお笑い芸人としての活動を経験。活動中は、九州松早グループの運営するファミリーマートのCMに出演。急性膵炎による父の急死により大学卒業後、清水市役所に奉職。 市役所在職中に中小企業診断士の取得を始める。昼間は市役所で働き、夜は診断士の受験勉強。そして、週末は現場経験を積むため無給でイタリアンレストランでの現場修行を経験。6年間の試験勉強を経て、中小企業診断士資格を取得。 取得を契機に7年目で市役所退職。退職後、有限会社繁盛店研究所(旧:有限会社マーケット・クリエーション)を設立。 コンサルタントとして独立後、全く仕事がなく、日々思い悩む日々を送る。食欲もなくなり病気の心配から医者の診察を受けると、「体に問題はありませんが、商売はうまくいっていますか?」と医者に商売の心配をされ、帰り道に号泣。更に、独立以前に毎月ためていた全財産が底をつく。 こうした経験から、店舗経営者でも同じように資金繰りや集客で悩んでいる方も多いことに気付く。こうした方達のサポートを通じて、業績の改善、魅力ある店舗作りのサポートにまい進することを誓う。 お笑い芸人として活動していた経験から、小売店や飲食店、美容室、整体院の客数増加や店内販売活動に、お笑い芸人の思考法や行動スタイル、漫才の手法などを取り入れることで、クライアントの業績が着実に向上していく。 こうした実績を積み上がるに従い、信奉者が増える。 独自の繁盛店メソッド「笑人の繁盛術」の考え方で、コンサルティングを行う。 発行するメールマガジンは、専門用語を使わない分かりやすい内容から、メルマガ読者からの業績アップ報告が多く、読者総数は1万人を超える 会員制コンサルティングサポート「増益繁盛クラブ」を運営。人気テレビ番組ガイアの夜明けにも取り上げられるなど注目を浴びる。これまで北は北海道から南は沖縄、そして、アメリカからも参加する方がいるなど、多くの方が実践を続けている。 コンサルタントが購読する「企業診断」(同友館)からもコンサルタントに向けた連載を依頼されるなど、コンサルタントのコンサルタントとしても活躍中。 どんなに仕事が忙しくとも毎月1回の先祖のお墓参りを大事にしている。家族を愛するマーケッター。