スタッフ成長/仕事効率化

求人成功の最短ルートはたった一つ!

こんにちは、能重です。

 

今日から新年度となり

桜もいい感じに散り始め

桜吹雪が待っている今日この頃

いかがお過ごしでしょうか?

新入社員入社!

ウチのお店では今日から2人のスタッフが

新しく社員として働きだします。

とはいっても、専門学校から新卒性を

採用したわけではありません。

 

1人は高校生の頃からウチのお店で

アルバイトとして働いていて

その子が晴れて高校を卒業して

バイトから社員に格上げになりました。

 

もう一人のスタッフは

今年の1月に入社してきて

3か月の試用期間が終了し

晴れて社員に格上げになりました。

いつの間にか大所帯に

今当社では私を含めて

10人のスタッフで仕事をしています。

 

スタッフが多いため

私の仕事はどんどん少なくなり

今では本来の社長の仕事

(給料計算や税務の仕事など)

と、指名をくださるお客様だけを

施術するという毎日を過ごしています。

そしてよくセミナーなどで

「お店って週に何日出ているんですか?」

と質問されるのですが

基本的には毎日出勤はしています。

(そんなに働いていないように見えるのかな笑)

 

ですが、今はどの業種でも

どの経営者さんでも

「募集を掛けても人が全然来ない」

と、嘆かれている中

ウチのお店は何名かお断りするほど

求人の電話が掛ってきます。

その差は何なのか?

私の会社では10年以上前、独立して1年くらいしたころ

2週間で6名のスタッフが退社しました。

しかもほぼバックレに近い形で。

 

その後様々な求人を掛け

多くのお金を使ってきましたが

その当時は全く応募も来ず

採用には至りませんでした。

 

ですが、それからもう一度

求人媒体や文章を見直し

それまでの失敗例を全て引っ張り出し

確認と訂正を繰り返す中で

求人に対しての攻略法を見つけました。

 

それが見つかった時は

「なんだ、こんな事だったのか・・・」

と呆然としました。

 

それはとてもありきたりな

至極当たり前の事だったんです。

 

その方法とは?

 

その方法は

「出せるだけ出す事」です。

は、たったこれだけ?

と思われるかもしれませんが

実際たったこれだけなんです。

 

私は販促物にしても求人にしても

全ては視聴率だと考えています。

視聴率とは、それがどれだけ見られているか?

という数字ですが

どの経営者さんも1つの求人媒体に

全精力をを使ってお金と熱い文章を注ぎ込みます。

 

ですが、その掲載したものが

何人に見られているのか?

 

その視聴率を考えたら

とても低いかもしれません。

 

1つでは視聴率が低いので

様々な物に出して

なるべく多くの人に見てもらえるような

環境を作ると、それだけで

応募の数は変わってくるのです。

 

これが世の中の真実なんですね。

 

是非スタッフ不足で困っている人は

試してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
ハワード ジョイマン
・有限会社繁盛店研究所 代表取締役 ・株式会社繁盛店研究出版 代表取締役 ・繁盛店グループ総代表・コピーライター ・中小企業診断士(経済産業省 登録番号402345) 1975年 静岡県清水市生まれ(現在:静岡市清水区) 自営業の家に生まれ、親戚一同も会社経営をしていることから、小さい頃より受付台にたち、商売を学ぶ。 大学入学と同時にお笑い芸人としての活動を経験。活動中は、九州松早グループの運営するファミリーマートのCMに出演。急性膵炎による父の急死により大学卒業後、清水市役所に奉職。 市役所在職中に中小企業診断士の取得を始める。昼間は市役所で働き、夜は診断士の受験勉強。そして、週末は現場経験を積むため無給でイタリアンレストランでの現場修行を経験。6年間の試験勉強を経て、中小企業診断士資格を取得。 取得を契機に7年目で市役所退職。退職後、有限会社繁盛店研究所(旧:有限会社マーケット・クリエーション)を設立。 コンサルタントとして独立後、全く仕事がなく、日々思い悩む日々を送る。食欲もなくなり病気の心配から医者の診察を受けると、「体に問題はありませんが、商売はうまくいっていますか?」と医者に商売の心配をされ、帰り道に号泣。更に、独立以前に毎月ためていた全財産が底をつく。 こうした経験から、店舗経営者でも同じように資金繰りや集客で悩んでいる方も多いことに気付く。こうした方達のサポートを通じて、業績の改善、魅力ある店舗作りのサポートにまい進することを誓う。 お笑い芸人として活動していた経験から、小売店や飲食店、美容室、整体院の客数増加や店内販売活動に、お笑い芸人の思考法や行動スタイル、漫才の手法などを取り入れることで、クライアントの業績が着実に向上していく。 こうした実績を積み上がるに従い、信奉者が増える。 独自の繁盛店メソッド「笑人の繁盛術」の考え方で、コンサルティングを行う。 発行するメールマガジンは、専門用語を使わない分かりやすい内容から、メルマガ読者からの業績アップ報告が多く、読者総数は1万人を超える 会員制コンサルティングサポート「増益繁盛クラブ」を運営。人気テレビ番組ガイアの夜明けにも取り上げられるなど注目を浴びる。これまで北は北海道から南は沖縄、そして、アメリカからも参加する方がいるなど、多くの方が実践を続けている。 コンサルタントが購読する「企業診断」(同友館)からもコンサルタントに向けた連載を依頼されるなど、コンサルタントのコンサルタントとしても活躍中。 どんなに仕事が忙しくとも毎月1回の先祖のお墓参りを大事にしている。家族を愛するマーケッター。