独立開業と多店舗化

泣きっ面に蜂!! 大雪でキャンセル!雪が解けたら建物破損!

 

最近は局地的に極端な雪が降り 困っているお店の方も

多いのではないでしょうか?

 

 

 

大雪になると まず1番の仕事が除雪!

スタッフやお客さんの足元や駐車場

 

予約が入っていればなおの事

除雪はしっかり 道も混むので仕入れも早くいかなければなりません

 

スタッフも遅れてきます

しかしお客さんは待ってはくれません。

 

早く出勤して、なれない除雪作業

営業の前に疲労困ぱいしてしまいます

 

でも営業になんとか間に合わせた所で

「交通がマヒしてキャンセルお願いします!!」

 

事情が事情なのでむげにも出来ず

涙しながら「また次回お願いいたします。」

 

仕方ないと思いながら客足鈍いが営業

天気もおさまって雪解けしてくると・・・

 

あちゃー雨どい壊れてる!!

壁が落ちてる!!!

雨漏りが——-!!!!!!

 

大雪でお客さん減って売り上げ落ちているのに

修繕で出費って 辛すぎます!

 

そんな時是非入っている火災保険を確認してみましょう

火災保険につける事の出来る特約で

保険会社によって呼び名は変わりますが、

風災 雹災 雪災という特約があります

 

建物や建物に付属するものなら保障充実なら免責無しで

保証や(免責ある場合もある)してくれたりします

 

ただ 外に置いてある植栽や置看板 椅子等は建物に付属していないので

対象外になるようです

 

まとめると

 

保険は従来型と新型で免責額の有無やその金額をカスタマイズでき

掛け金と保証金額の差は大きいです。

 

どんな補償内容にするのかは

住む地域によって金額も違いますし どこに重点を置くかも

変えないといけません 風災 雹災もついてきますし 地震保険などもありますから自然災害全体のリスクを考慮して決めましょう

 

 

 

 

ABOUT ME
ハワード ジョイマン
・有限会社繁盛店研究所 代表取締役 ・株式会社繁盛店研究出版 代表取締役 ・繁盛店グループ総代表・コピーライター ・中小企業診断士(経済産業省 登録番号402345) 1975年 静岡県清水市生まれ(現在:静岡市清水区) 自営業の家に生まれ、親戚一同も会社経営をしていることから、小さい頃より受付台にたち、商売を学ぶ。 大学入学と同時にお笑い芸人としての活動を経験。活動中は、九州松早グループの運営するファミリーマートのCMに出演。急性膵炎による父の急死により大学卒業後、清水市役所に奉職。 市役所在職中に中小企業診断士の取得を始める。昼間は市役所で働き、夜は診断士の受験勉強。そして、週末は現場経験を積むため無給でイタリアンレストランでの現場修行を経験。6年間の試験勉強を経て、中小企業診断士資格を取得。 取得を契機に7年目で市役所退職。退職後、有限会社繁盛店研究所(旧:有限会社マーケット・クリエーション)を設立。 コンサルタントとして独立後、全く仕事がなく、日々思い悩む日々を送る。食欲もなくなり病気の心配から医者の診察を受けると、「体に問題はありませんが、商売はうまくいっていますか?」と医者に商売の心配をされ、帰り道に号泣。更に、独立以前に毎月ためていた全財産が底をつく。 こうした経験から、店舗経営者でも同じように資金繰りや集客で悩んでいる方も多いことに気付く。こうした方達のサポートを通じて、業績の改善、魅力ある店舗作りのサポートにまい進することを誓う。 お笑い芸人として活動していた経験から、小売店や飲食店、美容室、整体院の客数増加や店内販売活動に、お笑い芸人の思考法や行動スタイル、漫才の手法などを取り入れることで、クライアントの業績が着実に向上していく。 こうした実績を積み上がるに従い、信奉者が増える。 独自の繁盛店メソッド「笑人の繁盛術」の考え方で、コンサルティングを行う。 発行するメールマガジンは、専門用語を使わない分かりやすい内容から、メルマガ読者からの業績アップ報告が多く、読者総数は1万人を超える 会員制コンサルティングサポート「増益繁盛クラブ」を運営。人気テレビ番組ガイアの夜明けにも取り上げられるなど注目を浴びる。これまで北は北海道から南は沖縄、そして、アメリカからも参加する方がいるなど、多くの方が実践を続けている。 コンサルタントが購読する「企業診断」(同友館)からもコンサルタントに向けた連載を依頼されるなど、コンサルタントのコンサルタントとしても活躍中。 どんなに仕事が忙しくとも毎月1回の先祖のお墓参りを大事にしている。家族を愛するマーケッター。